産毛脱毛 顔

顔などの産毛に効果の高い新しい脱毛方式を採用しているサロンや医療クリニックを紹介します。

産毛の脱毛について

顔や腕、脚、背中などの産毛は従来の脱毛方式(IPL)では比較的効果が出にくくなります。

 

その理由は、IPL方式の脱毛の仕組みにあります。

 

IPL方式は光を毛に当てることにより、メラニン色素に反応して出る熱で毛根を焼く仕組みとなっています。

 

しかし、産毛などの細く薄い色の毛はメラニン色素が少ないため効果が低くなるんです。

 

効果を上げるために光の出力を上げれば、肌のメラニン色素にも反応してしまい火傷のリスクが高くなります。

 

IPLで用いている光は複数の波長の光が混ざっているので、毛以外へ影響を与える可能性も高いのです。

 

色黒の人や日焼け肌の人が脱毛できないのはこれが理由ですよね。

ちなみに脱毛専門サロン最大手のミュゼプラチナムでは、メニューに顔脱毛がありません。

 

ミュゼはIPL方式ではなく、s.s.c.という弱めの光と抑毛ジェルの相乗効果で脱毛する方式です。

 

でもメラニン色素に反応させる仕組みも利用しているので、黒く太い毛に比べれば効果が出にくくなります。

 

他の腕、脚、背中などの産毛は脱毛できるのに顔ができないのは、顔はトラブルが許されない部位の上に、凹凸が多くムラなく照射するのが難しいということもあるでしょう。

もちろんIPL方式を用いている脱毛サロンでも、顔脱毛ができるところはあります。

 

でも、顔の中の部位が限定的であったり、全身脱毛とセットの場合にはできても、顔脱毛だけというのはあまり無いようです。

 

トータルエステのフェイシャル脱毛とか、医療クリニック脱毛などの高額な施術であれば、顔だけの脱毛ができるところも多いですけどね。

産毛の脱毛に効果的な方式

最近では産毛の脱毛にもしっかりと効果の高い方式の脱毛機が出ています。

 

SHR脱毛とハイパースキン脱毛という方式の脱毛機です。

 

どちらも今生えている毛をなくすのではなくて、今の毛が抜けた後はだんだん生えて来なくなる方法です。

 

なので、従来のIPL脱毛に比べれば、毛がなくなっていく実感を感じるのは遅くなります。

 

そういう意味では、厳密に言うと「脱毛」ではないのかも知れませんが、ムダ毛がなくなるというのは同じでだから脱毛ですよね。^^

 

どちらもメラニン色素を利用しない脱毛方式です。

 

メラニン色素を必要とせず毛自体にはアプローチしないので、太く黒い毛であろうが、細く薄い毛であろうが関係ないということですね。

 

産毛はもちろんのこと、金髪や白髪でも施術が可能となっています。

 

また、高い熱も必要ないので、火傷のリスクもなく肌へのダメージもほとんどなく施術できます。

 

SHR方式

従来の脱毛方式では、脱毛する毛そのものに熱ダメージを与えて毛根を焼いていました。

 

新しいSHR方式は、毛包と呼ばれる毛根を包んでいる袋状の部分全体に温かい程度の熱を集めて、発毛の指令を出すバルジ領域にダメージを与える方式です。

 

毛根を焼き取るのではなく、発毛に関わる機能を停止させる方式ということですね。

 

毛の状態に関係なく施術できるので毛周期を考慮する必要がないし、肌のダメ―ジもほとんどないので施術の間隔を短くすることができます。

 

また一度に広い範囲に照射できる方式なので、1回の施術時間も短く、サロンにも通いやすいのもいいですよ。

 

SHR方式を採用した脱毛サロン

 

ハイパースキン脱毛

サロン脱毛ではもう一つ、ハイパースキン脱毛というのがあります。

 

ハイパースキン脱毛もメラニン色素は必要とせず、毛の種にあたる部分にダメージを与える方式です。

 

これも温かい程度の熱で発毛因子が細胞分裂して毛に成長するのを抑える方式なんです。

 

こちらは、毛が生えていないときしか効果がないので、IPL同様に毛周期に合わせた施術が必要で、完全に綺麗になるまで回数が必要となる場合もあります。

 

でも肌のダメージは全くないので、施術間隔はかなり短くできるので、完了までの期間も短くできます。

 

ハイパースキン方式を採用した脱毛サロン

 

あと、脱毛サロンではなく医療クリニックでのレーザー脱毛でも産毛の脱毛は可能です。

 

IPL方式は肌の表面に光を照射して、毛穴から見えている毛にアプローチして、毛を通して熱を毛根に伝えます。

 

なので、細くメラニンの少ない産毛はうなく熱が伝わらないんです。

 

レーザー脱毛

それに対して、レーザーは皮膚の深くまで届く光なので、毛根に直接アプローチできるため高い効果を発揮できるんです。

 

毛が抜ける効果も早く確実ですが、強い光を用いるので痛いのが一番のデメリットでしょう。

 

しかし、レーザー光は出力が高いのですが、単一の波長の光なのでピンポイントにエネルギーを伝えることができ、肌への影響はIPLに比べれば低いといえます。

 

料金的には医療レーザー脱毛は高いというのが一般的な認識かもしれませんが実際はそうでもないんです。

 

それはサロン脱毛は1回の施術の効果が低いので、施術回数が医療脱毛に比べればかなり多く必要(12回から24回)となるからです。

 

また、サロンは永久脱毛でないので、また多くの場合数年後にまた毛が生えてくるため、継続して施術が必要になります。

 

医療脱毛は5回から8回程度で完了し、永久脱毛が可能で再度の施術は必要なく、トータルでは医療脱毛のほうが安いことが多いんですよ。

 

産毛に適したレーザー脱毛

 

産毛の脱毛にも向いている、SHR脱毛、ハイパースキン脱毛、レーザー脱毛の特徴について比較してみます。

 

SHR ハイパースキン レーザー
産毛の効果○ 産毛の効果○ 産毛の効果◎
実感遅め 実感遅め すぐ実感
温かい程度 温かい程度 痛い
2-3週間に1回 3-4週間に1回 2-3か月に1回
10数回 10数回 5-6回

 

また医療レーザー脱毛にも用いるレーザー光によって種類があり、顔などの産毛脱毛に最も適したレーザーはダイオードレーザーと言われています。

 

現在主流となっている医療レーザー脱毛機のレーザーの種類には次のようなものがあります。

  • アレキサンドライトレーザー
  • YAGレーザー
  • ダイオードレーザー

 

アレキサンドライトレーザー

3つの中では最も波長の短いレーザーで、日本人の毛質に適しており非常に脱毛効果が高いですが、その反面、色の薄い産毛脱毛は少し苦手です。

 

色黒や日焼け肌への施術もNGです。

YAGレーザー

こちらは最も波長の長いレーザーで、肌の奥深くまで届き、色んな毛質に対して高い効果を発揮しますが、とにかく痛みが強いため、採用しているクリニックは少ないです。

 

肌の表面にはほとんど影響を与えないので、色黒や日焼け肌の人にも照射できます。

ダイオードレーザー

3つの中間にあたる波長のレーザーで、脱毛効果と痛みのバランスが良く、顔など産毛脱毛の効果も高いため、アレキサンドライトレーザーとともに主流となってきています。

 

肌表面への影響も少ないため、日焼け肌への施術も可能となっています。

 

このように、産毛脱毛をするならダイオードレーザー脱毛機が最も適しているといえます。

 

クリニックで産毛脱毛するならダイオードレーザー

 

また、ダイオードレーザーは、従来のショット式だけでなく、蓄熱式の脱毛機もあります。

 

レーザー脱毛でも蓄熱式ならサロンのSHR方式同様に、痛みはほとんど感じることなく温かさを感じる程度です。

 

医療クリニックで脱毛のカウンセリングを受ければ、肌質や毛質に応じて脱毛機を選んでくれますが、産毛脱毛をするならダイオードレーザー脱毛機のあるクリニックがいいですよね。

 

産毛に適したレーザー脱毛

産毛脱毛に適したサロンやクリニック

SHR方式
ストラッシュ

SHR方式の最新型脱毛機である「ルミクス」を使用しています。

4年連続医療関係者が選ぶ脱毛サロンでNo.1に輝いた実力です。(楽天リサーチ、GMOリサーチ、JMRO調べ)

 

細い毛に効果が抜群のSHR脱毛だけでなく、太い毛に効果が抜群のIPL脱毛、そして美容効果が抜群のSTスーパージェルを加えています。

 

業界初の新常識脱毛方法で圧倒的な脱毛効果と美容効果を実現したISGトリプルアタック脱毛です。

 

月額制とパックプランの全身脱毛のほか、部分脱毛も可能で、お試し顔脱毛もできます。

 

 

ラココ

SHR脱毛機「ルミクス」を使用しており、脱毛機メーカーがプロデュースしている脱毛サロンです。

顧客満足度、口コミ評価、美容関係者が選ぶ脱毛サロンで、それぞれNo.1に輝いた実力です。(GMOリサーチ調べ)

 

脱毛メーカーが完全プロデュースした女性専用脱毛サロンなので、コストを抑えつつ安心・安全なサービスが受けられます。

 

顔脱毛も含まれた、まるごと全身脱毛コースのほか、全身脱毛月額コースや、顔・VIO含む全身全部位から部位も回数も好きなように選べるオーダーメイド脱毛コースもあります。

 

 

ハイパースキン脱毛
ディオーネ

ハイパースキン脱毛機「カレン」を使用しています。

脱毛専門サロンでは全国第2位の店舗数を誇る、体感温度38℃の痛くない美容脱毛サロンです。

 

肌に優しい脱毛方式なので、3歳から施術ができる子供脱毛がメディアで話題となりました。

 

全身コースと部位別コースがあり、フェイスメニューには顔全体をセットにしたコースプランがあります。

 

 

ダイオードレーザー
アリシアクリニック

Lightsheer DUET(ライトシェア デュエット)というダイオードレーザーを採用した脱毛機を使用しています。

 

また、そのほかにアレキサンドライトレーザーのGentleLase Pro(ジェントルレーズプロ)と、アレキサンドライトレーザーとYAGレーザーが同時に照射されるSplendor X(スプレンダー エックス)と、3種類の医療レーザー脱毛機から、肌と毛質に合わせて選んでくれます。

 

リゼクリニック

ショット式(ライトシェア デュエット)と蓄熱式(メディオスター NeXT PRO)の2種類のダイオードレーザー脱毛機を使用しています。

 

また、ジェントルYAG(YAGレーザー)も使用しており、3種類の脱毛機を肌質・毛質に合わせて選んでくれます。

 

クレアクリニック

ショット式のライトシェア デュエットと蓄熱式のメディオスター NeXT PROの2種類のダイオードレーザー脱毛機を使用しており、肌質・毛質の状態に合わせた脱毛機を使用してくれます。

更新履歴
このページの先頭へ戻る